ピアノを始める時に大切なこと

「いつからピアノを始めたらいいですか?」

よく質問を受けます。


基本的に

私は専門が声楽なので、声楽に関しては最低中学生から。

フルートや打楽器、どの楽器をするにしてもピアノは必須です。

リトミックから楽しく音楽を学んで年中さんくらいからピアノを始めてはどうですか?

と答えています。





いろんな考え方があって、3歳から、4歳からとそれぞれ先生たちは持論をお持ちです。


年齢も一つの基準ですが、その子一人一人の音楽への興味関心や性格、環境(楽器はどうするのか、1日の流れ)も考慮すべきだと考えています。


始める時期と合わせて大切なのは、やはりどの先生を選ぶかということです。

ピアノも先生も大好きで一生のお付き合いになればこれほど素晴らしいことはありません。


でもなかなかそういっていないのが現実。


ピアノは幼い頃に上手でもやめてしまってはあまり意味がありません。


小学生の時はあんなに弾けたのにやめてしまって今は全く弾けないという方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか?



これからピアノより大好きなことに出会うかもしれない。

勉強が忙しくなって練習ができない時期もあるかもしれない。


その時に細くでも長く続けていける環境と先生を準備して始めることが一番大切です。


小さいうちに音楽の楽しみを感じられないレッスンを受けて小学生になるころにはすっかり音楽が嫌いになってしまった。


これが一番悲しいことです。


先生の力量にかかっています。

小さな生徒さんがいるか。
そして、その先。

大きな生徒さんがいるかをよく見て先生を決めて下さい。


口コミ。
そして発表会を見に行くと良いと思います。



ピアノを買ったのにすっかり物置になって蓋がしまったままのピアノ。


いつもそんなピアノを見るととても悲しくなります。



これからピアノを始める子どもが一生音楽と寄り添っていられますように。

いつも願っています。

Shinobu Tsumura

関西在住のソプラノ津村しのぶです。 演奏とリトミック、音楽レッスンをしています。

0コメント

  • 1000 / 1000